先輩社員の声



「基礎なくして何も始まらない。」


 私の所属している土木事業部技術2部では、主にコンクリート構造物の設計・製図の仕事をしております。

 

 コンクリート構造物といっても、規模や用途に応じて形状が異なってくる為、全く同じ構造物を設計すること

がなく、多くの知識と経験が必要になるので、日々勉強をして出来ることを1つずつ増やしていっています。


 施工後の構造物は、大部分が地中に埋まっていることが多く、普段の生活で目にすることはほとんどないと思いますが、構造物を支えるうえで、必要不可欠な箇所なので、誇りを持って日々の業務に取り組んでいます。


土木事業部 技術2部 T・S

愛知工業大学卒 H31年入社




「予習・復習を大事に」


 橋梁事業部技術2部の業務では、主に既存の橋梁の補修に関する設計製図になります。

 入社前に専門的な知識を詰め込む必要はなく、少しずつ覚え理解していけばいいと思います。


 わからないことがあれば、近くの席の先輩方に聞いたり、担当業務の方に聞けば必ず答えてもらえるので、理解して業務を進めることができます。


 まったく同じ橋梁はありませんが、似たような構造は多くあるため、1つの業務で得た知識、経験を活かしながら

仕事を進めることができます。


橋梁事業部 技術2部 K・M 

中部大学卒 H31年入社




「誇りを持って仕事ができる」


 橋梁事業部・関西技術部では、多くの方が利用している橋梁の設計製図に携わります。


 個々に集中して取り組む仕事なので、基本的には黙々と一人で作業を行いますが、行き詰った時には先輩社員や、上司が何でも相談に乗ってもらえるので理解して進めていくことができます。


 今後も専門的な知識が必要ですが、努力と経験が慣れ親しんだ地元地域や社会への貢献にも繋がる仕事なので、誇りを持って日々の業務にあたっています。


橋梁事業部 関西技術部 H・A

大阪工業大学 H31年入社



 

「毎日が勉強になる仕事です」


 建物の構造設計、設計図の作図等を行っています。

 建物ごとに設計条件や規模が異なるので、前回と同じ設計ということができません。

 そのため、経験を積んで知識を増やしていくことが大切になります。


 最初はわからないことも多く、業務がうまく進められないことがありますが、業務は先輩方に教わりながら進めることができるため、日々勉強になり自分のスキルアップができる仕事です。

 

建築事業部 M・T 

中部大学卒 H31年入社




「日々勉強し、センスを磨いていく仕事です。」


 プラント事業部では、各種プラントの配管や設計設備に加えて自動車の塗装設備なども設計します。


 配管設計では、現場の様子や設備の使用目的に合わせて、配管の仕様書や各種バルブなどの部品の規格を用いつつ設計を行います。


 知識と経験、センスの問われる部分もありますが、やり遂げた時の達成感もある仕事です。


プラント事業部 A・M 

大阪工業大学卒 H31年入社




「発想力と知識、経験が大切」


 鉄道車輌事業部技術1部では、構体や内装の車体設計と床下や運転室の艤装設計を携わっています。


 鉄道車輌の設計図は配置図や取付図、部品図など数多くあり、描き方は様々ですが、分からない事などは先輩方に気軽に相談に乗ってもらえます。


 取引先のニーズに対して、柔軟な発想が求められる事も多く、知識と経験を積むことが大切ですが、設計した車両が運転された時の達成感は非常に大きく、やりがいのある仕事です。


鉄道車輌事業部 技術1部 H・S 

富山県立大学卒 H31年入社

 



このページの先頭へ class=