先輩社員の声

 

 「構造物は基礎が重要」

 

 土木設計2部では主に、基礎構造物の設計・作図を行っています。

基礎といっても、用途に応じて形状が異なるため同種同等の基礎はありません。そのため、様々な基準や仕様書を用いて、基礎の設計を行っています。

 施工後、地中に埋まって人の目には見えなくなりますが、構造物の重要な箇所になることを胸に刻んで日々の業務を通じてスキルアップを目指して頑張っています。

 

土木事業部 土木設計2部 T・W 

愛知工業大学大学院卒 H24年入社

 


 

「達成感と、やりがいのある仕事です」

 

 橋梁設計部の業務では、多くの方が日頃利用している橋梁の設計製図に携わります。

 入社後は、専門的な知識が求められる仕事ですが、分からない事はなんでも相談に乗ってもらえる職場なので、理解して進めることが出来ます。

 知識と経験の積み重ねや、作図の大変さはありますが、その分やり遂げたときの達成感もあり、やりがいのある仕事です。

 

橋梁事業部 橋梁設計1部 K・M 

愛知工業大学大学院卒 H25年入社

 

 

 

 

 「日々勉強と経験の積み重ねが大切」

 

 建築設計部では様々な規模・用途の建築物・鋼構造物を設計しています。

 そのため、まったく同じ構造体のものを設計するということはなく、幅広い知識が必要と成ります。

 行き詰ることもありますが、社内で各専門の先輩方に相談することができ、日々勉強と経験になり、やりがいのある仕事です。

 

建築設計部 Y・H 

愛知工業大学卒 H26年入社


 

 

 

「へこたれない」をモットーに励んでいます。

 

 私は、就職するに当たり自分が社会に対して貢献できることは何かを自分に問いかけました。

 そして、大学で得た知識を活かして鉄道に関連のある仕事に就きたいと考え、この会社に入社しました。

 設計という仕事はとても考えることが多いものですが、私は「へこたれない」をモットーに励んでいます。まだまだ入社したてですが、これから経験を積んで自分が設計した車両を誇れるように日々の仕事に励んでいます。

 

装置事業部 装置設計2部 Y・K 

中部大学 H28年入社

 

 

 

このページの先頭へ class=